不動産査定とは?3つの方法について - 不動産査定とは?3つの方法について

不動産査定とは?3つの方法について

不動産物件を売却する際、自分が売りたい値段よりもまずいくらで売れるのかという問題があります。こうした不動産の価格を査定する場合、おもに三つの方法があります。

 

①原価法:土地の造成や不動産の建築にかかる原価について減価修正して価格を決める方法で、原価の把握や適切な減価修正ができる場合においてのみ適用されます。 既成市街地は算定できません。

 

②収益還元法:売却の対象となる物件を賃貸した場合の地代・家賃収入において見込まれる最高収益に対し、 適切な収益率を得られる価格を算出する方法で「直接還元法」と「DCF(ディスカウントキャッシュフロー)」の二種類があります。 直接還元法は一期間の純利益÷還元利回り=対象不動産 の計算式で算出されます。DCF法は、毎期純収益の現在価格の合計+売却価格の現在価値=対象不動産 といった式で算出されます。 これは対象となる不動産を保有している間に得られる純利益と、売却により得るであろう価格を現在の価値に割り戻す方法です。

 

③取引事例比較法:実際にあった取引の事例に基づき、類似した条件のものを参考にしつつ経過年による不動産相場の変動を加味したり、立地による有利・不利などを考慮した上で売却物件と比較して価格を決める方法です。 誤差を出来るだけ減らすために、いくつかの取引事例を用いて平均値を算出します。近隣または同一圏内における、類似物件の取引がされている場合に有効と言えます。

 

[注目サイト]
中古車を売却する際は複数の買取業者に一括で査定が出来るこちらのサイトが便利です → 車買取 業者